2013年6月20日木曜日

ハンチングの謎

ずっと以前、受注制作も手がけていたころの話です。
人形用のハンチング帽を作ってほしいとの依頼がありました。
実は私、ハンチングについて、キャスケットがぺしゃっとなったようなもんだという認識でいたから、そういうふうに作りました。お客様に写真をお見せしたところ、OKのお返事をいただいて、一件落着。
今思えば、事前調査が足りんというか、プロ意識欠如だったかなー。いや、全くお恥ずかしい。

その後、るんるんソーイングという裁縫サイトに子供用キャスケットの作り方を載せたとき、いちおうハンチングについても調べたんです。というのも、そのサイトには英語版も併設しているから、キャスケットとハンチングは似たようなものか、どういう違いがあるのか、知っておこうと思いまして。
しかしながら、よくわかりませんでした。

手持ちの英和辞典で"hunting cap"を引くと、『競馬の騎手がかぶる帽子と同じ型の、ビロードの狩猟家用帽子。いわゆる鳥打ち帽(ハンチング)とは異なる』という意味の記載が。
じゃあ我が国でハンチングと呼ばれているものは英語でなんというんだ。その疑問への解答は得られずじまい。
ちなみにキャスケット(casquette)はフランス語で、前ひさしのある帽子のこと。ハンチングも含むようです。キャスケットを英語でどう呼ぶのかは不明で、英語版には単なる"cap"と表記しました。

さらに歳月は流れ、このたび『ファッション工芸講座 帽子 基礎編(文化服装学院)』という本を手にする機会を得ました。
これは、帽子の歴史、分類、素材、用具、作り方テクニックなど、帽子について網羅した、なかなかすごい本です。
型紙を作るにしても、丸い頭に平面の素材をそわせるための理論まで詳解していて、応用が利くようになっています。高度な内容だから、基本的にプロのための書物といえましょうが、縫製の基礎ページでは、針の持ち方からボタンのつけ方まで懇切丁寧な説明があり、初心者でも本格的な帽子作りに取り組みたい人には役に立つでしょう。

そこにハンチングの作り方も載っていまして、おお、そうだ、これを父の日コンテンツにしようと、膝を打つ。

さっそく例図のとおり型紙を引いて試作しました。でもなんとなくシルエットが意にそわず、自己流で改変(改悪?)にチャレンジ。丸みを強めていせ込みを省略しましたが、長さがちぐはぐになったので、ほんの少しだけいせ込みする必要があるというハンパな仕様です。無理やり縫ってしまえるから問題はないでしょうが。

そしてページ作りに取りかかりました。
英語ページも当初は"Hunting cap"というタイトルで書き始めたのですが、そこで思い出した過去の出来事。それまで棚上げになっていた「ハンチングは英語でなんというのか」を、今度こそはっきりさせる必要が生じたのです。

現在の情報量は、昔(キャスケットを作ったころ)と比べると飛躍的に増加していますが、そのためにかえって探しにくい面もあります。
"hunting cap"で検索しても、いかにもハンチングな画像は日本語ページばかり(このことは、hunting cap とハンチングが別物という説を裏付けているような)。が、それは単に検索者が日本語ブラウザや日本語パソコンを使用しているせいかもしれないと、英語のページだけに設定し直しましたが、日本語ページが多いのは相変わらず。検索機能ってそんなに向上していないんですかね。

ともあれ、やっと見つけたのが、"flat cap (flatcap)"もしくは"cloth cap"・・・平たい帽子に布帽子。ふーむ。イギリスではそう呼ぶのです。スコットランドでは"bonnet"・・・ボンネット。えー? こりゃ、混乱するわ。
もともとはつばのないベレー帽みたいなものだったらしく、17世紀ころのロンドンの労働者階級の象徴っぽいアイテム。鳥打ちや狩猟などの貴族趣味とはかけ離れているじゃない。

とはいえ、日本語Wikiには『ハンチング帽(ハンチングぼう、Hunting cap)は、19世紀半ばからイギリスの上流階級で用いられるようになった狩猟用の帽子』とあって、日本人にとって一般的なハンチングの写真が掲載されています(しかしその画像は、英語Wikiの"flat cap"にあるものと同一だぞ)。
先の『ファッション工芸講座』にも『正しくはハンティングキャップ。19世紀末に英国の上流階級の人々が狩猟用ジャケットと同じ素材で製作したものが一般に広まり、1930年ころ流行した』と。詳細な書かれ方から、出典はしっかりしていると推測されますが、おかげで謎が深まってしまいました。
私個人は、英和辞典と英語Wikiのほうが信頼性が高いと思うんですけどね。

それやこれやでモタモタしていたので、結局今年の父の日には間に合いませんでした。
来年のために・・・ハンチング作り方

ハンチング帽

2013年6月19日水曜日

ミニかご

人形に持たせるバスケット(籠)がほしかったのですが、人形向きの小さいサイズのものはなかなかありません。
ならば自分で作るしかないですね。

以前、アンダリヤで編んだことがありますが、紙紐で編むほうが籠らしいと、紐を買いに行くことにしました。
が、直前に思いとどまる。紐を一巻買っても、使うのはごくわずかでしょ。他に用途は思い浮かばず、残りは死蔵するはめになりそう。安価な紐とはいえ、貧乏性の私にはもったいなさがわきおこります。

そういえば昔、折込チラシで籠を編むことがはやったのを思い出しました。うちの母が一時期凝っていて、当時作ったくずかごなどが今でも日常的に使われています。ラッカーを塗っておくと、ずいぶん長持ちするものです。
そのチラシ籠は細く切ったチラシを、斜めにくるくる巻いて棒のようにしていたようです。

チラシでは風情がないから、和紙を使うことにしました。薔薇の折り紙に熱中したころ、百円ショップで買った和紙セットがだいぶ残っていたのです。

実際に作ってみると、30センチ四方の紙1枚で、4センチ前後の籠が1個できます。

そこで、作り方。

紙を10ないし12等分に切るか裂くかして、端を糊で貼り、長いテープを作ります。
和紙を切る
紙テープ

それをよじって紐にします。できた紐を次々と手に巻いていくと、撚ったものが戻りにくいようです。また、テーブルや階段の上など高いところに立って、長くたらしながら撚るとやりやすいかも。
紐にする

13センチくらいにカットしたもの3本を芯にして編み始めます。芯は最低7本(常に奇数)は必要ですが、中央で組むと1本が2本分の芯になるので、長い紐の一部(6.5センチ)を7本目に当てます。
ここではその7本目の芯の端を提げ手としても使うために、長く伸ばしています。
紐と芯

わかりやすいように、芯の部分だけ色を変えてみました。
芯の色を変える

互い違いになるようくぐらせながら編んでいきます。
編み始め

芯は等間隔の放射状にするのが普通ですが、この例では芯の一部を提げ手として使うため、いくらか偏っています。
底を編む

ある程度編んだら、芯を上向きに折って、さらに編みます。
サイドを編む

提げ手の紐の端を開いて、向かいの芯の端をくるみ、糊づけします。残りの芯は余分をカットします。
持ち手を作る

提げ手に紐を巻きつけ、さらに籠の縁にも巻いていきます。
縁を巻く

最後は紐の端を目立たぬ場所に糊で貼って出来上がり。
籠できあがり

芯の数を増やすと、多少は丈夫になりますが、柔らかい和紙製だから、たかが知れています。中に重いものを入れるわけにはいきません。
芯数を増やす
四角い籠

持ち手は別づけです。
紐をつける

余り紐でふたを作ってみました。
蓋つきかご

色がバラエティに富んでいるから、紙紐で編むよりも楽しいんじゃないでしょうか。
いろんな籠


チビドール
この人形は身長26センチ。作り方はこちらです。