2010年2月25日木曜日

アイロン台

私が使っているアイロン台は、長方形の板状で、昔実家から持ってきた年代物です。表は布でくるまれていて、裏には紙が貼られています。
まさか中に藁が詰まっているなんてことはないでしょうが、長い間にいろんなものがしみこんでいる可能性はあって、中をのぞく気にはなれません。

アイロン台

服にアイロンをかけることはほとんどなく、もっぱら手芸の作業台として重用しています。

特に裏側。
適度な柔らかさで待ち針が刺さるから、型紙のしるしつけにちょうどいいのです。
人間の服は大きくて台からはみ出るものもありますが、小物や人形の服ならまず大丈夫です。

テーブルに載せたアイロン台の上に、裁縫箱や縫いかけの小物などを置いて作業します。
実は食事も同じテーブルでするのですが、アイロン台ごと移動させれば、あっという間にテーブルはすっきり。

また表も、小さな人形や小物を置いて写真撮影するときに、けっこう便利です。マスコット人形などは自力で立てませんが、この上に立たせて後ろを待ち針で留めたりします。

あまりに使用頻度が高いので、裏は針穴だらけだし、表裏ともあちこちに絵の具やボンドのシミがついたりして、すぐに汚くなるのです。

それで10年ほど前、新たな台を買い求めました。同じく長方形で、撥水耐熱性の布が貼られていますが、薄くて小さく、品質も悪く、裏には割れ目ができ、全体が反り返ってしまい、手芸台としては使い物になりません。針を刺すとせっかくの防水加工も無意味だし。
ときたまほんとうにアイロンをかけるときに使用しますが。

結局、以前からなじんだこのアイロン台を張り替えることにしました。
表は白い木綿布でぴっちりとくるみ、裏には白い厚手の紙を貼ります。簡単な工程で新品同様になりました。

そのような張り替えを1、2年ごとにおこなって、徐々にアイロン台は太りつつあります。

上が新しい布。下は汚れていた旧布。
白布

2 件のコメント:

チロア さんのコメント...

はじめまして☆英文のcraftサイトを見ていたらあれよあれよとたどり着いてしまいました。
なんだか色々なページのあまりにたくさんのアイテムが魅惑的すぎて(笑)感動をおぼえています。
アイロン台。。うちは表布が破けて、でもやはり新しく買ったのは凹みすぎてプレスが効かない‥仕方なく破けを避けて使っていたのですがさすがに潮時か‥とあきらめかけていたのですがルノさんのように上へ上へとはできないけど、がんばってはがして新しい布を貼ってみようかな♪
いい道具って大事ですもんね☆

ルノ さんのコメント...

チロアさん ご訪問ありがとうございます。

古くなって擦り切れたり焦げたりしたところから表布が破けた場合は、はがしたほうがきれいに仕上がるでしょうね。ぜひトライして大事に使ってください。
それにしても昔の製品は、ほんとうにしっかりした作りのものが多いと思います。