2013年6月19日水曜日

ミニかご

人形に持たせるバスケット(籠)がほしかったのですが、人形向きの小さいサイズのものはなかなかありません。
ならば自分で作るしかないですね。

以前、アンダリヤで編んだことがありますが、紙紐で編むほうが籠らしいと、紐を買いに行くことにしました。
が、直前に思いとどまる。紐を一巻買っても、使うのはごくわずかでしょ。他に用途は思い浮かばず、残りは死蔵するはめになりそう。安価な紐とはいえ、貧乏性の私にはもったいなさがわきおこります。

そういえば昔、折込チラシで籠を編むことがはやったのを思い出しました。うちの母が一時期凝っていて、当時作ったくずかごなどが今でも日常的に使われています。ラッカーを塗っておくと、ずいぶん長持ちするものです。
そのチラシ籠は細く切ったチラシを、斜めにくるくる巻いて棒のようにしていたようです。

チラシでは風情がないから、和紙を使うことにしました。薔薇の折り紙に熱中したころ、百円ショップで買った和紙セットがだいぶ残っていたのです。

実際に作ってみると、30センチ四方の紙1枚で、4センチ前後の籠が1個できます。

そこで、作り方。

紙を10ないし12等分に切るか裂くかして、端を糊で貼り、長いテープを作ります。
和紙を切る
紙テープ

それをよじって紐にします。できた紐を次々と手に巻いていくと、撚ったものが戻りにくいようです。また、テーブルや階段の上など高いところに立って、長くたらしながら撚るとやりやすいかも。
紐にする

13センチくらいにカットしたもの3本を芯にして編み始めます。芯は最低7本(常に奇数)は必要ですが、中央で組むと1本が2本分の芯になるので、長い紐の一部(6.5センチ)を7本目に当てます。
ここではその7本目の芯の端を提げ手としても使うために、長く伸ばしています。
紐と芯

わかりやすいように、芯の部分だけ色を変えてみました。
芯の色を変える

互い違いになるようくぐらせながら編んでいきます。
編み始め

芯は等間隔の放射状にするのが普通ですが、この例では芯の一部を提げ手として使うため、いくらか偏っています。
底を編む

ある程度編んだら、芯を上向きに折って、さらに編みます。
サイドを編む

提げ手の紐の端を開いて、向かいの芯の端をくるみ、糊づけします。残りの芯は余分をカットします。
持ち手を作る

提げ手に紐を巻きつけ、さらに籠の縁にも巻いていきます。
縁を巻く

最後は紐の端を目立たぬ場所に糊で貼って出来上がり。
籠できあがり

芯の数を増やすと、多少は丈夫になりますが、柔らかい和紙製だから、たかが知れています。中に重いものを入れるわけにはいきません。
芯数を増やす
四角い籠

持ち手は別づけです。
紐をつける

余り紐でふたを作ってみました。
蓋つきかご

色がバラエティに富んでいるから、紙紐で編むよりも楽しいんじゃないでしょうか。
いろんな籠


チビドール
この人形は身長26センチ。作り方はこちらです。

0 件のコメント: