2010年11月30日火曜日

フェルトの切り方

フェルト布で小さなぬいぐるみや小物を作ることがよくあります。
ほつれないフェルトは扱いやすく、初心者の手芸にも向いています。

でもフェルトの裁断は案外難しいものです。

たいていの場合私は、型紙を上に置いて鉛筆や布用マーカーなどでまわりをなぞり、その線に沿ってはさみで切ります。
手軽ではありますが、フェルトは表面が毛羽立っていて、しるしがつきにくいのです。入り組んだ形だと何がなんだかわからなくなったり、切ったあと左右の脚を重ねたら太さが違っていた、なんてことも。

フェルトを縫い合わせるときは、縫い代をつけずに切って表からかがるのが一般的です。描いた線のぎりぎり内側を切れば、布にしるしが残りません。でもなかなかうまく切れず、布縁に鉛筆の粉が見えていて、色淡い布は仕上がりが汚くなることもあります。

型紙を薄い紙に写し、線よりも一回り大きく切り抜いて、それをフェルトにセロテープで貼りつけ、紙ごと切っていくというやり方は、ディズニーのフェルトマスコット&小物(ブティック社)という本に載っていました。テープは線にかかるように貼ります。



これだと、小さくて複雑な形でも、比較的正確に切ることができます。

数年前、この本を見て、ミッキーマウスとスティッチを作りました。スティッチの爪は幅2ミリほどです。



型紙は使い捨てで、すべてのパーツにつき1枚ずつ必要です。スキャナで読み取って印刷しましたが、手描きで写すとなるとかなり面倒な作業といえます。

それと似ていますが、厚紙で切り抜いた型紙をフェルトにセロテープで貼りつけ、型紙の縁に沿って切っていく方法もあります。



型紙は繰り返し使用できますが、そのうちテープだらけになるので、長持ちはしません。複雑な型を切り抜くのはやや困難です。

セロテープを切ると、はさみに粘着剤がつくことがあるので注意しましょう。

ごく単純な形でやや大きめのものなら、型紙とフェルトを重ねて指で押さえながら切ることもできます。

なお、フェルトは厚みがあるから、表面に垂直になるようにはさみの刃を当てて切ります。でないと、断面が斜めになり、表と裏で大きさが微妙に違ったり、薄い縁から崩れてきたりして、きれいに仕上がりません。
それを逆利用することもあります。猫耳の内側にフェルトを貼る場合などには、断面が斜めになるように切ると、貼りつけた縁に厚みが出ず、いくぶん自然な感じです。

フェルトといえば、羊毛フェルトでいろんなものを作る手芸が人気ですね。ぬいぐるみよりもリアルにできて、作り甲斐があるようです。
私はまだ取り組んだことがありません。外側から形作って中身を詰める方式が、今のところ私には向いているようです。

2010年11月27日土曜日

Tシャツ延命策

この古いTシャツ、もとは深い紺色でしたが、色あせて白っぽくなり、首回りはボロボロにほつれています。洗濯のたびに糸くずが浮遊するのです。
ボロTシャツ
首回りのアップ
Tシャツなんて安いものだから、ここまで着倒せば処分しても惜しくはないでしょう。

しかし、襟首以外はいちおうちゃんとしてるんです。
ちょっと補修すれば、外歩きはできなくても、アンダーシャツ代わりにはなりそう。

Tシャツの縁取り布は、スエットシャツやポロシャツのリブニットよりも薄手で、一般には市販されていないようです。買えたとしてもぴったり合う色は見つかるはずもなく・・・。

ま、下着だから、色や材質にこだわる必要はないんですよ。

ほつれた首回り布を切り取り、普通の綿ジャージーを適当に切って輪に縫い、二つ折りにして縫いつけました。幅は好みで、長さは首回りよりも短めにします。
付け替え後
これであと数か月はもつかな。

別のボロTシャツは、ちょっとおしゃれにリフォームしようと、幅広のストレッチレースで縁取ってみました。ほつれかけた胸の刺繍にはアップリケ。
ボロボロ縁
レースでイメチェン

これが大失敗。肌触り悪いし、見た目もかなりひどい。

結局せっかくつけたレースは取り去って、黒い布で縁取り。この布はタンクトップに作り変えたTシャツから外したもので、伸縮の具合はなかなかよろしいです。
むろん人前で着る代物ではありませんが。
縁取り直し

それにしても、ここまで倹約しなければならない生活って、なんだか哀れですねえ。