2013年6月20日木曜日

ハンチングの謎

ずっと以前、受注制作も手がけていたころの話です。
人形用のハンチング帽を作ってほしいとの依頼がありました。
実は私、ハンチングについて、キャスケットがぺしゃっとなったようなもんだという認識でいたから、そういうふうに作りました。お客様に写真をお見せしたところ、OKのお返事をいただいて、一件落着。
今思えば、事前調査が足りんというか、プロ意識欠如だったかなー。いや、全くお恥ずかしい。

その後、るんるんソーイングという裁縫サイトに子供用キャスケットの作り方を載せたとき、いちおうハンチングについても調べたんです。というのも、そのサイトには英語版も併設しているから、キャスケットとハンチングは似たようなものか、どういう違いがあるのか、知っておこうと思いまして。
しかしながら、よくわかりませんでした。

手持ちの英和辞典で"hunting cap"を引くと、『競馬の騎手がかぶる帽子と同じ型の、ビロードの狩猟家用帽子。いわゆる鳥打ち帽(ハンチング)とは異なる』という意味の記載が。
じゃあ我が国でハンチングと呼ばれているものは英語でなんというんだ。その疑問への解答は得られずじまい。
ちなみにキャスケット(casquette)はフランス語で、前ひさしのある帽子のこと。ハンチングも含むようです。キャスケットを英語でどう呼ぶのかは不明で、英語版には単なる"cap"と表記しました。

さらに歳月は流れ、このたび『ファッション工芸講座 帽子 基礎編(文化服装学院)』という本を手にする機会を得ました。
これは、帽子の歴史、分類、素材、用具、作り方テクニックなど、帽子について網羅した、なかなかすごい本です。
型紙を作るにしても、丸い頭に平面の素材をそわせるための理論まで詳解していて、応用が利くようになっています。高度な内容だから、基本的にプロのための書物といえましょうが、縫製の基礎ページでは、針の持ち方からボタンのつけ方まで懇切丁寧な説明があり、初心者でも本格的な帽子作りに取り組みたい人には役に立つでしょう。

そこにハンチングの作り方も載っていまして、おお、そうだ、これを父の日コンテンツにしようと、膝を打つ。

さっそく例図のとおり型紙を引いて試作しました。でもなんとなくシルエットが意にそわず、自己流で改変(改悪?)にチャレンジ。丸みを強めていせ込みを省略しましたが、長さがちぐはぐになったので、ほんの少しだけいせ込みする必要があるというハンパな仕様です。無理やり縫ってしまえるから問題はないでしょうが。

そしてページ作りに取りかかりました。
英語ページも当初は"Hunting cap"というタイトルで書き始めたのですが、そこで思い出した過去の出来事。それまで棚上げになっていた「ハンチングは英語でなんというのか」を、今度こそはっきりさせる必要が生じたのです。

現在の情報量は、昔(キャスケットを作ったころ)と比べると飛躍的に増加していますが、そのためにかえって探しにくい面もあります。
"hunting cap"で検索しても、いかにもハンチングな画像は日本語ページばかり(このことは、hunting cap とハンチングが別物という説を裏付けているような)。が、それは単に検索者が日本語ブラウザや日本語パソコンを使用しているせいかもしれないと、英語のページだけに設定し直しましたが、日本語ページが多いのは相変わらず。検索機能ってそんなに向上していないんですかね。

ともあれ、やっと見つけたのが、"flat cap (flatcap)"もしくは"cloth cap"・・・平たい帽子に布帽子。ふーむ。イギリスではそう呼ぶのです。スコットランドでは"bonnet"・・・ボンネット。えー? こりゃ、混乱するわ。
もともとはつばのないベレー帽みたいなものだったらしく、17世紀ころのロンドンの労働者階級の象徴っぽいアイテム。鳥打ちや狩猟などの貴族趣味とはかけ離れているじゃない。

とはいえ、日本語Wikiには『ハンチング帽(ハンチングぼう、Hunting cap)は、19世紀半ばからイギリスの上流階級で用いられるようになった狩猟用の帽子』とあって、日本人にとって一般的なハンチングの写真が掲載されています(しかしその画像は、英語Wikiの"flat cap"にあるものと同一だぞ)。
先の『ファッション工芸講座』にも『正しくはハンティングキャップ。19世紀末に英国の上流階級の人々が狩猟用ジャケットと同じ素材で製作したものが一般に広まり、1930年ころ流行した』と。詳細な書かれ方から、出典はしっかりしていると推測されますが、おかげで謎が深まってしまいました。
私個人は、英和辞典と英語Wikiのほうが信頼性が高いと思うんですけどね。

それやこれやでモタモタしていたので、結局今年の父の日には間に合いませんでした。
来年のために・・・ハンチング作り方

ハンチング帽

2013年6月19日水曜日

ミニかご

人形に持たせるバスケット(籠)がほしかったのですが、人形向きの小さいサイズのものはなかなかありません。
ならば自分で作るしかないですね。

以前、アンダリヤで編んだことがありますが、紙紐で編むほうが籠らしいと、紐を買いに行くことにしました。
が、直前に思いとどまる。紐を一巻買っても、使うのはごくわずかでしょ。他に用途は思い浮かばず、残りは死蔵するはめになりそう。安価な紐とはいえ、貧乏性の私にはもったいなさがわきおこります。

そういえば昔、折込チラシで籠を編むことがはやったのを思い出しました。うちの母が一時期凝っていて、当時作ったくずかごなどが今でも日常的に使われています。ラッカーを塗っておくと、ずいぶん長持ちするものです。
そのチラシ籠は細く切ったチラシを、斜めにくるくる巻いて棒のようにしていたようです。

チラシでは風情がないから、和紙を使うことにしました。薔薇の折り紙に熱中したころ、百円ショップで買った和紙セットがだいぶ残っていたのです。

実際に作ってみると、30センチ四方の紙1枚で、4センチ前後の籠が1個できます。

そこで、作り方。

紙を10ないし12等分に切るか裂くかして、端を糊で貼り、長いテープを作ります。
和紙を切る
紙テープ

それをよじって紐にします。できた紐を次々と手に巻いていくと、撚ったものが戻りにくいようです。また、テーブルや階段の上など高いところに立って、長くたらしながら撚るとやりやすいかも。
紐にする

13センチくらいにカットしたもの3本を芯にして編み始めます。芯は最低7本(常に奇数)は必要ですが、中央で組むと1本が2本分の芯になるので、長い紐の一部(6.5センチ)を7本目に当てます。
ここではその7本目の芯の端を提げ手としても使うために、長く伸ばしています。
紐と芯

わかりやすいように、芯の部分だけ色を変えてみました。
芯の色を変える

互い違いになるようくぐらせながら編んでいきます。
編み始め

芯は等間隔の放射状にするのが普通ですが、この例では芯の一部を提げ手として使うため、いくらか偏っています。
底を編む

ある程度編んだら、芯を上向きに折って、さらに編みます。
サイドを編む

提げ手の紐の端を開いて、向かいの芯の端をくるみ、糊づけします。残りの芯は余分をカットします。
持ち手を作る

提げ手に紐を巻きつけ、さらに籠の縁にも巻いていきます。
縁を巻く

最後は紐の端を目立たぬ場所に糊で貼って出来上がり。
籠できあがり

芯の数を増やすと、多少は丈夫になりますが、柔らかい和紙製だから、たかが知れています。中に重いものを入れるわけにはいきません。
芯数を増やす
四角い籠

持ち手は別づけです。
紐をつける

余り紐でふたを作ってみました。
蓋つきかご

色がバラエティに富んでいるから、紙紐で編むよりも楽しいんじゃないでしょうか。
いろんな籠


チビドール
この人形は身長26センチ。作り方はこちらです。

2012年9月29日土曜日

パンダかわいいか

日本犬の作り方と型紙を載せます。などと宣言しておきながら、実はその直後につまづいてしまいました。

実践ではもう少し短い毛のほうが向いていると思ったのですが、我が家にある白いファー布はほとんどが中~長毛。近くの手芸店へ行き、短毛で縫いやすそうな製品を見つけて買ってきました。
家で広げてなでているうちに、ん? この手触り、なんだか覚えがあるような・・・。

そして思い出しました。
以前その店で買い、きめが粗くて毛が抜けやすい粗悪品だとして、取りのけて別管理していたファーと同じものだったのです。
何かに使えるかもと、捨ててはいなかったので、在庫はたっぷりあります。それをすっかり忘れていたのです。

もう、自己嫌悪でめげてしまいました。

日本犬は良い素材が手に入るまで棚上げです。

が、転んでもタダでは起きないワタクシ。気を取り直して、突如パンダのぬいぐるみを作り始めました。
前々から母にパンダが欲しいと言われていて、ヒマになったら作ってあげるよと答えておきながら、手をつけていなかったのです。
売り物にはならない粗悪ファーでも、身内ならかまわないや、と。

それにパンダって形がシンプルで特徴的だから、簡単に作れそうな気がしたんです。
実際には色分けして縫うのが面倒で、チョチョイのチョイというわけにはいかなかったけど、比較的短時間でできあがりました。

いちおうパンダに見えると思うんですけど。


背中はファスナー開きで、小物入れになってます。


黒いラインの位置などを改良して、作り方を公開するつもりです(予告ばかりで、実行はどうなってんだ?)。

ところで、パンダはかわいいカワイイと絶賛されていますが、いったいどこがかわいいんでしょう。

丸顔に丸い耳、ぶっとい手足など、かわいい要素はいくつかあげられます。
あの脱力系のパンダ座りに癒される~って人、多いでしょうね。食べるときに手(前足)を使うのも、かわいく見えるしぐさかな。

でも一番は顔でしょうか。目のまわりの黒い部分が、遠目には目のように見えて、しかもそれがたれ目っぽいので愛嬌があるんですね。微笑んでいるような口元もグッド。

反面、その黒ブチ、ドクロみたいで不気味に見えることってありません?

手習いパンダ』は、パンダをモティーフにした手芸やクラフト作品の作り方を集めた本です。切り取って使えるペーパークラフトなどもついていて、パンダ大好きさんなら、のぞいてみて損はないと思います。
ただし作品の一部には、もろドクロって感じのものも混ざってますよ。

などとイジワルな見方をするのは、私のパンダがいまいちかわいくなかったから、だったりして。

2012年9月24日月曜日

日本犬


我が家にはテレビがありません。たまにラジオをつけて天気予報など聞くけど、週に2、3度、数分間です。倹約のため今月から新聞購読もやめました。ネットにつなぐのは1日2回くらい。
もはや世捨て人ライフ。

それじゃあ時間が余ってしかたないでしょ。心おきなく創作活動に専念できるね。・・・ですって?

そんなもんじゃないですよー。何をしているかわからないうちに1日が終わってしまうのです。
人形作りは長いこと休止中(も同然)だし、猫ぬいぐるみをライフワークにしようというもくろみは挫折しかかってるし、ブログはあれこれ滞ってるし。

初心に帰って基本的で易しいものからやり直し、少しずつ自信をつけていくべきなのかな・・・とも思います。

そんなとき、携帯電話のコマーシャルに出ている白い犬が人気だと耳にしました。その翌日、友人と電話(一般加入電話)で雑談中、ついでに尋ねてみたのです。「ねえねえ、ドコモの犬ってどんな感じ? かわいいの?」
すると「あれは北海道犬でカイくんという名前だよ」と教えてくれました。「北海道だから、かわいいってわけじゃないけど」とも。

北海道でカイとはねー。
「北海道犬だからかわいくない」とは偏見かもしれないけど、だいたいが日本犬の成犬はかわいいってイメージには遠いようです。勇壮とか、りりしいとか、野生的とかがほめ言葉でしょうか。

あらためて画像検索すると・・・ドコモの犬なんてドコにも居ぬ。あれはソフトバンクだったんだぁ。
間違えても話が通じるんだからスゴイよね。あるいは、無知を笑っちゃ気の毒だと話を合わせてくれたのかしら。

ところで、私が最初に作った本格的な犬ぬいぐるみはチワワです。『ハンドメイド・ドッグ 』(小柳英美/文化出版局)に載っていた型紙を参考にしました。
この本には等身大でリアルな犬のぬいぐるみの作り方が載っています。どれも小型の洋犬です。パピヨン、トイ・プードル、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークもこの本からアレンジしました。ずいぶんとお世話になった気がします。
ただ、型紙のパーツは多く、難易度は高めです。ひとつ作ると、けっこう疲れます。

次に手がけた紀州犬は一から型紙を起こしたオリジナルです。だから日本犬は私のぬいぐるみ作りの原点だと思っています。
そのとき作った型紙を検分すると、途中であちこち変更を加えたので、どれが正しい線なのかわからず、一部は紛失していました。しかたなく、また初めから書き直して、あのときの紀州犬と同じ感じに作ってみました。

白い日本犬

形がシンプルだから、初心者にも比較的簡単に作れるんじゃないかなと思います。
もう少し改良を加えて、作り方ページをアップするつもりです。日本犬に興味をお持ちのかたはご期待くださいませ。

日本犬はどれも同じような形です。紀州も白い北海道も白い秋田もぬいぐるみにしちゃえば、区別はつきません。
むろん各犬を仔細に観察すると違いはいろいろありましょうが、ぬいぐるみなんておおざっぱなものですからね。
甲斐はほかの日本犬よりもシャープなフォームでかっこいいと思いますが、適当な素材が手に入りにくく、作るのは無理でしょう。

なお、土佐や狆、日本テリアに日本スピッツなども、いちおう日本犬ではありますが、外モノからの派生だから別扱いされています。
真の日本犬は、立ち耳立ち尾で短毛の、昔からいた種類だけで、天然記念物に指定されています。そこかしこで見かける柴犬が天然記念物だなんて、なんとなく納得いかないんですけどね。

2012年5月26日土曜日

ブラトップ

カップつきのキャミソールやタンクトップが人気と聞きました。

ブラにタンクトップを重ねると、肩ひもがずれて見えたり、デザインによっては、わきの下からブラがのぞくことだって・・・。そういう心配がない分、便利です。

価格も手ごろだから、ひとつ買い求めて、どういう構造になっているかチェックしましたら、スポーツブラみたいな感じで肩部分がないものにカップがついていて、表のタンクトップとは襟ぐりとアームホールの一部でつながっているだけなのです。ブラ部分の裾は浮いています。

自分で手作りできるかもと、トライしました。使った素材は綿ジャージー(いわゆるTシャツ地)で、裏がタオル地みたいなループになっていて、夏にぴったり。

手芸売り場でカップを買ってきてジグザグステッチでつけ、アンダーバストにはストレッチレースを輪にして縫いつけます。
前中心には伸び止めのため、接着芯を貼りました。


これを普通に縫ったタンクトップと重ね合わせて、縁取りをします。

実際に着てみたら、アンダーバストがゆるくて、胸が揺れ動いてしまいます。幅広のレースに替えました。

ネックホールの縁取りをもう少しきつくすべきだったけど、ま、こんな感じです。


ゆったりしてるから、部屋の中でくつろぐときにはいいけど、外出はジャケットを羽織ったとしても不安です。
うまくできたらハンティに作り方を載せたかったけど、ちょっと無理みたい。できばえのわりに費用がかかるし、市販品を買ったほうがずっとましだと思います。